ヤリモクアプリおすすめ厳選10選を公開中!

気になる女性へのアプローチ方法とは?状況別のアドバイスも解説!

女性に壁ドンする男性 恋愛ハック

女性に対してアプローチをしたいと考える人の中には、一体どうやってアプローチをしたら良いのかわからないと考える人もいるのではないでしょうか。

実際にアプローチをしてみたものの、相手からのウケが悪く、失敗してしまった、という人もいるかもしれません。せっかくアプローチしたのにその気持ちが相手に伝わらなかったら残念ですよね。

ここでは、女性に対するアプローチ方法を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

女性との距離を縮めるOKアプローチ

女性と距離を縮めるアプローチとは一体なんなのでしょうか。

実は、男性が思うアプローチと女性が思うアプローチは違う場合があります。男性が良いだろうと思ってやったアプローチが、女性からあまり良い印象で受け取られなかった、という事は珍しくありません。

ここでは、実際に男性が女性との距離を縮めるためのお勧めのアプローチを紹介していきます。

1.女性の見た目を褒める

見た目を褒められて嬉しくないと感じる女性はいません。ほとんどの女性は若く見られたいと思っていますし、きれいに見られたいと思っています。もしも女性の見た目を褒めるときには、具体的に褒めるようにしましょう。

ただ単に「きれいですね」だけでは「露骨なアプローチ」などと思われてしまう可能性もあります。例えば「肌がきれい」「目が大きい」など、具体的に褒めることが大切です。具体的でなければ「そのアプローチ方法を雑誌で見たのかな?」などと思われてしまって終わることもありますので、具体的に褒めましょう。ただし、見た目を褒めているわけですから「メイクが上手」はだめです。

2.女性の仕事ぶりを褒める

もしも同じ職場で働いている女性の仕事ぶりが素敵だと感じたら、その女性の仕事ぶりを褒めても良いでしょう。

ただし、女性の中には男性に対し、「男性の下に見られたくない」などというプライドを持っている人もいます。そのため、上から目線で褒めたら相手にそのアプローチが伝わりません。

具体的にその女性のどのような仕事ぶりが良いのか、例えばアイディアが豊かである、気が利く、などと具体的に褒めるようにしましょう。「あなたが入れてくれたお茶がおいしい」などというアプローチはいただけません。仕事ができる女性は、その仕事を認められることを喜びます。

3.差し入れをする

同じ職場で働いている女性の場合、差し入れをする機会もあるのではないでしょうか。例えばその女性が残業をしていて忙しそう、最近仕事が多くて疲れている感じがする、などということであれば差し入れをしてみても良いかもしれません。

差し入れをもらって喜ばない女性はいませんよ!そして差し入れをするときにはチョコレートやクッキーなど、甘いものがお勧めです。もしも最近週刊誌や月刊誌などで話題のお菓子があれば、それを買ってみても良いかもしれません。ただし、差し入れを渡すときには渡し方に気をつけましょう。全員に渡してしまうとありがたみがなくなりますし、こっそり渡してしまうと下心があるように思われてしまう危険性もあります。

4.ランチに誘う

もしも昼食を一緒にできる機会があれば、ランチに誘ってみても良いかもしれません。同じ職場で働いているならば、一緒にランチもしやすいですよね。

ランチに行こうと声もかけやすいですし、もしも同じ部署等で働いているならば仕事の打ち合わせ、仕事のフォロー、などという理由で食事に誘いやすく、そのランチの時間で仲良くなることもできるかもしれません。

また、昼間の食事に誘われると警戒心がなくなるため、女性にとっても抵抗がありません。いきなり居酒屋などに誘われると何か下心があるのではないかと思ってしまう女性もいますが、ランチであれば昼間ですし、そのようなリスクがなくなります。

5.SNSでコンタクトを取る

もしも既に近しい関係でSNSの連絡先を知っているなどということであれば関係ありませんが、まだお互いのSNSの連絡先を知らないような間柄ならば、さりげなく相手のSNSを聞いても良いかもしれません。最近は誰もがLINEを使うようになりましたので、LINEのアカウントなどを相手に聞くのは極めて一般的です。特に下心がなくてもさりげなく「LINEを教えてよ」などということでSNSがゲットできてしまうかもしれません。

また、FacebookやInstagramをやっているのであれば、そのようなものでコンタクトを取っても良いでしょう。SNSでは意外に素顔が出ていることもありますので、相手の本性がわかるかもしれません。

6.昼間のデートに誘う

もしかしたら、休日に一緒に出かけたいと考えることもあるかもしれません。例えば相手を休日のランチに誘う、映画に誘う、などということもあるでしょう。

もしも相手をデートに誘いたいと思うなら昼間のデートに誘うことが大切です。確かに夕食が有名なレストランなど、ディナーを一緒に食べたいと思うこともあるかもしれませんが、最初から夜のデートに誘ってしまうと下心があるのではないかと思われてしまう可能性があります。まだアプローチをしなければならない関係のうちは相手を昼間のデートに誘うことが大切です。

そしてデートをするときには相手も家まで送り届け、お酒を飲まず、遅くならない時間帯でお別れすることを忘れないようにしましょう。

お別れの時間帯があまりに遅くなってしまうと、相手に「もしかしてお持ち帰りが目的か」などと思われてしまう可能性があります。それではもったいないです。

7.女性の聞き役に回る

女性というのは話を聞いてもらいたい生き物です。確かに、男性も話をしたいことがあるかもしれませんが、もしも女性にアプローチをしたいと思うならば聞き上手になりましょう。

そしてその人から日常的に口を聞かされる、相談される、などということであれば、上手な聞き役となり、相手の愚痴をフォローしながら相手の相談に乗る、ということが大切です。

もしも相手から愚痴を聞かされた場合、その人には助言をしないように気をつけましょう。女性はただ単に普段の愚痴を聞いてもらいたいだけのことも多く、それに対して男性は女性に対し、助言をしてしまって女性から嫌がられる、ということがあります。

女性がどれだけ文句を言ったとしても、求められていない以上、助言をする必要はありません。下手に助言をすると相手から嫌われる可能性もあるということを覚えておきましょう。

8.相手の向上心を褒める

もしも相手が普段から自分のスキルアップを目指し、努力をしているのであればそれを指摘しても良いかもしれません。

最近は女性も男性も、英会話などのスキルアップに関心を持ったり、副業に向けて様々なセミナーを受けていることもあります。例えば、同じ会社で働いている者同士で副業について話をする事は難しいかもしれませんが、もしも副業のためのセミナーなどで相手に出会ったのであれば、その向上心を称えることも大切です。仕事をしながらセミナーなどを受け、スキルアップを図るというのは簡単なことではありません。

だからこそ、相手の向上心を指摘すると「自分の向上心が認められている」などと嬉しい気持ちになるのです。

9.LINEでこまめに返信する

もしも普段からLINEを使い、お互いに連絡しあっている関係ならば、LINEでこまめに返信するということも大切です。

女性から連絡が来たら、出来る限り早めに返信してあげましょう。もしも気になる女性から連絡が来たならばきちんと返信することが大切です。ただし、だからといって返信を即座にしなければいけないというわけではありません。

即座に返信すると相手にもプレッシャーとなりますから、自分が連絡をしたときに相手から返信が来るまでどのくらいの時間か把握しておき、同じ位の時間をかけて返信することが大切です。また、たとえ忙しかったとしてもその日の内には返信するように心がけましょう。翌日以降の返信では遅すぎます。

10.とにかく視界に入る

人間はよく目の中に入る物を好きになる傾向があると言われています。全く見ることがない人よりも、頻繁に見る人に対して関心を寄せることがあるのです。

だからこそ遠距離恋愛は難しいとも言われますよね。この心理学を利用し、好きな人にアプローチしたいと思うならばその人の視界によく入るように意識してみましょう。ただ何かをしなければいけないというわけではありませんが、その人の視界に入れるように、さりげなくその人のそばにいるというアプローチが効果的です。

女性への間違ったNGアプローチ

ここでは、女性に対する誤ったアプローチを5つ紹介していきます。どれだけ男性が良いアプローチ方法だと思ったとしても、これらは女性には受け取られない可能性がありますので、注意が必要です。

誤ったアプローチ方法はどれだけ素敵そうに聞こえるアプローチであったとしても、素敵そうに見えるアプローチであったとしても、全くの意味をなさないばかりか逆に相手から嫌がられる可能性さえあるのです。男性が思う良いアプローチと女性が思う良いアプローチは違う可能性もあるということを覚えておきましょう。

1.女性が食べる姿を褒めない

漫画などでは、「食べている姿がかわいい」などと男性が女性を褒めるシーンが描かれることもあります。しかし、実際には食べている姿を指摘されると、女性は良い気持ちにならないものです。また、「飲みっぷりが良い」などと褒められても女として見られていないのではないか、と不愉快になる女性も多いですので、飲食が絡んだ褒め方はしないようにしましょう。

2.メイクを褒めない

確かに、女性同士の会話であれば「そのメイク素敵」などと話題になることがあります。

しかし、男性がメイクを褒めてしまうと「化粧が上手」つまり「化粧をしなければならないほどの顔である」と女性は捉えてしまう可能性があります。メイクを褒めても、女性にとっては顔を褒められていることにはなりません。ただ隠し方が上手だと言われているだけだと思う女性もいますので、メイクを褒めてはいけません。

3.まるで家政婦が欲しいかのようなことをいう

男性の中には、結婚したい理由の1つに家事もやってくれる女性が欲しいという気持ちを持つ人もいるかもしれません。しかし、それを女性に知らせる必要はありません。

例えば、「最近家事をやるのが辛い」「家で待っていてくれる女性が欲しい」などと家政婦が欲しいかのような発言は厳禁です。このような発言を女性にすることで、女性にアプローチをしていると勘違いをしている男性は実に多いですが、実際にはこのような発言は女性に誤解を与えます。「それなら家政婦を雇えば」などと言われてしまっては元も子もありません。

4.SNSに終わりがない

先ほどもSNSについて述べましたが、だれもがSNSで連絡をするからといって、永遠に話をしていても良いというわけではありません。

好きな人と連絡をするときにはどうしても相手からの返信が欲しいと思い、相手に質問をしたり色々と工夫をするわけですが、だからといって会話が永遠に続いてしまうと相手から面倒だと思われてしまう可能性があります。例えば夜遅くなったら、ある程度のところで「そろそろ寝る」「また明日」と話題を切る必要があります。永遠に話をするような事は避けましょう。

5.相手が暇だという前提で誘う

この誤りをしてしまう男性も多いのですが、「今週末、暇?」という誘い方はスマートではありません。たとえ時間があるかどうか女性に聞きたいと思ったとしても、「暇」という言葉を使わないようにしましょう。女性にしてみれば「私は暇じゃないよ」と真っ先に感じてしまう発言であり、「私を暇だと思うような人とは会いたくない」と思わせてしまう可能性があります。もしもデートに誘いたいならば、「今週末、時間ある?」のように誘いましょう。

【状況別】女性へのアプローチで特に気を付けること

女性にアプローチをするときには気をつけなければいけないことがいくつかあります。

職場で女性にアプローチをする時、年下や年上の女性にアプローチをする時、あるいは今までお互いのことをすでによく知り合っている女友達にアプローチする時など、それぞれ気をつけなければいけないことがあるのです。

ここでは状況別に、アプローチをするときに気をつけなければならないことを紹介していきます。

1.職場の同僚・後輩・先輩女性へのアプローチ

職場の同僚や後輩、先輩の女性にアプローチをしたいときは自分の立場をよくわきまえておかなければいけません。

もしも同期の女性にアプローチをしたいならば、上から目線はいただけません。同期の女性の場合、女性と男性を同じ目線で見ている人もいますので、「男性の方が優秀だ」と思っているかと思わせてしまうような上から目線の発言は厳禁です。

また、後輩の場合は相手から断りにくいような雰囲気をかもしださないように気をつけましょう。自分が先輩の立場で後輩の女性に声をかける場合、気をつけなければパワハラになってしまうことがあります。「先輩だから断れない」と思わせてしまう可能性もありますので、断れの隙間を作ってあげることも大切です。

先輩に声をかけるときは、年上の女性ということを忘れないようにしましょう。もしも年上の女性にアプローチをする場合、その人は未だにその年齢で恋人がいない、結婚していない、ということを恥じている可能性があります。そのため、年下の男性にアプローチをされると「馬鹿にしている」と思ってしまうことがあります。そのような誤解をさせないようなアプローチを心がけなければいけません。

2.年下・年上女性へのアプローチ

年下や年上の女性にアプローチをする時にも注意が必要です。年下の女性の場合は割とアプローチしやすいですが、くれぐれも相手に断らせないようなアプローチの仕方は避けましょう。

先ほども述べた通り、「年上だから断れない」などと思わせないようにする必要があります。また、年上の女性にアプローチをするときには真剣にアプローチをしましょう。ここも先ほども述べましたが、年下の男性にアプローチされることで「私に彼氏がいないからって馬鹿にしている」などと卑屈に捉えてしまう女性は珍しくありません。

もしもチャラチャラした雰囲気で女性にアプローチしてしまえば、それだけで傷ついてしまう女性もいますので、特に年上の女性にアプローチをするときには真剣にアプローチしましょう。

そして年上の女性のどこが良いのか、事前に頭の中で整理して相手に伝えてあげられるとスマートですね。

3.女友達・幼馴染へのアプローチ

昔からお互いに知っているという女友達や幼なじみにアプローチするならば、今の関係性を崩したくないということもあるかもしれません。

そのため、熱烈にアプローチをするよりも誠実に、「今の関係は崩したくない」「たとえ恋愛関係になれなかったとしても友達でいたい」という気持ちを相手に伝えましょう。熱烈にアプローチしてしまうと、万が一うまくいかなかった時にお互いに気まずいですし、相手も断りにくくなってしまいます。そのため、相手が断れるスペースを作った上で、これからも友達でいたいということを相手に伝える必要があります。また、昔から知り合っている友達の場合は相手の失敗や悪いところを知っている可能性もありますが、そのようなところは笑いものにしないようにしましょう。

昔から知り合っている人にアプローチをするときは、特に誠実になるように心がける必要があります。

まとめ:気になる女性へのアプローチを成功させよう

気になる女性がいたら、ぜひアプローチを成功させましょう。相手がどのような女性なのかしっかりと把握した上で、やってはいけないアプローチの仕方も押さえておく必要があります。

下心があると思われないように、男性が上だと思っていると感じられないように、言葉にもしっかり配慮しましょう!

「そもそも出会いがない!」という人は↓で紹介するマッチングアプリの利用もおすすめです!

\ユーザー満足度順/
出会い系アプリランキング
【1位】PCMAX(18禁)
・アクティブ会員数no1の人気アプリ!
4.9/5
【2位】ハッピーメール
・可愛い女性の多い人気アプリ!
4.6/5
【3位】ミントC!Jメール
・運例歴が長く安心して使える!
4.2/5
【4位】ワクワクメール
・SNS感覚で気軽に使える!
3.9/5
【5位】YYC
・コスパが1番良い出会い系!
3.6/5